学生時代に英語が嫌いだった人こそおススメです

文法や構文の解説が少ないから英語が苦手な人はスピードラーニングは無理だ、といった内容の評価を口コミサイトで見かけることがあります。 一見、もっともな気もします。しかし、ちょっと考えてみましょう。学生時代に英語が嫌いだった人は、文法で英語が嫌いになったという人が多いのです。 口コミサイトに書かれているように英文法は確かに便利な道具です。しかし無味乾燥で楽しくないと感じる人が多いのです。知っていれば便利であるはずの文法が、英語嫌いを生み出す要因にもなってしまうのです。 英語が苦手、つまり文法嫌いな人に対してもう一度英文法をしっかり勉強しろと言っても結局続かなくてさらに英語が嫌いになってしまう可能性が高い。 そういった人、つまり学生時代に英語が嫌いだった人はスピードラーニングのように「習うより慣れろ」的な教材のほうが合っていると思います。 英語が好きになってから英文法に取り組めば、きっと吸収できるでしょうし、理解も深まるでしょう。英文法を気にせずに話せるようになれば、改めて文法をやる必要もないでしょう。 スピードラーニングとは関係のない英語学習サイトを覗いてみるとわかりますが、多読派の人のように英文法は気にしなくていいと主張する口コミも多いのです。英文法を学ぶことに関する評価も様々なのです。 いずれにせよ、無…

文法を学びたいならスピードラーニングはやめたほうがいい

「英文法の解説がないからスピードラーニングはダメだ」という評価や口コミがあります。ダメかどうかは評価が分かれるところだと思いますが、スピードラーニングに英文法の解説が少ないのは事実です。 スピードラーニングのテキストには英語と日本語訳が載っているだけで、解説はありません。ですからメーカーであるエスプリランはこれをテキストという呼び名ではなく、スクリプトと読んでいます。解説に相当するものは付録の「もっとEnglish」に書かれています。その付録にも決して細かく文法が載っているわけではありません。 したがって文法をしっかり理解しながら英文解釈を行い、そのうえで英文を暗記する、という学習のフローをとりたいひとにはスピードラーニングは向いていません。 英文法、英文解釈をやりたいのであれば、学生時代の教科書を押し入れから出してきて、もう一度受験英語をやったほうがよいでしょう。受験参考書のコーナーに行けば、そういった書籍は沢山販売されています。 そういったやり方で、英語が嫌いになってしまった。もしくは嫌いにはならなかったけれど、一向に話せるようにならなかった人のため、というのがスピードラーニングのコンセプトです。 英文法を否定するわけではありませんが、英文法、英文解釈であればすでに良書がたくさん存在しているし、多く…

スピードラーニングの値段は高いのか?

スピードラーニングは現在『デジタル版』と『無料試聴CD付き初回セット』の2種類があり(英語のみ)、自分に合ったものをどちらか選んで購入できるようになっているようです。 『デジタル版』は無料試聴がない分、CD版に比べ価格が安く、購入後にアプリや専用サイトですぐに聞く事ができます。『無料試聴CD付き初回セット』は試し聞きができるので、納得してから購入することができます。(2016年10月追記) どちらも48巻あり、毎月と考えるとおよそ4年分です。「塵も積もれば山となる」ですから、4年もやればそれなりの金額になります。 しかし、スピードラーニングはいつでも途中退会できます。初回セット(1巻2巻)だけで退会することもできますし、到着から10日であれば初回セットを返品することもできます。途中で止めればいいのです。「効果があり金額に見合っている、決して高くない」と感じる方々が継続するわけです。 48巻まで継続した場合の金額を表示して「スピードラーニングは高価である」と非難する口コミや評価があります。これは大抵の場合、2~3万円の自社の商品をすすめる業者さんの手口です。「もっと安い英会話教材を見つけました!」と口コミを書き込み自社の商品に誘導するわけです。 誘導されるままにホームページを見てみると、派手な宣伝文句とと…

ネットの口コミなんてあてにならない?

スピードラーニングに限らず、様々な商品についてインターネット上で評価がされています。最近テレビのニュースで「ステルスマーケティングに注意」といった情報が流されることもあります。早い話、ヤラセの情報に満ち溢れているということです。 ヤラセではなく、スピードラーニングを実際に利用してちゃんと中立的に冷静な評価をしている口コミがあったとしても、それは「その人」がそうであったわけで別の人にそれが当てはまるとは限りません。 Aさんにとても効果があったとしてもBさんにとっては役に立たない場合もありうるのです。他人の意見はしょせん他人の意見でしかないのです。(このコラムについても然りです)。 ではいったい何の情報を信じればよいのか? これは実際に自分で試してみるのが一番です。スピードラーニングには「無料視聴版」というのがあります。これは、製品と一緒に送られてくるものです。 まず「無料視聴版」を聞いてみて、自分に合わないな、と思えば、製品版を返品すればよいのです。返品の際の送料もメーカー負担なので、財布は痛みません。 新しいことにチャレンジする場合、なんでも覗いてやろうという、フットワークの軽さが必要なのです。

1