ネットの口コミなんてあてにならない?

スピードラーニングに限らず、様々な商品についてインターネット上で評価がされています。最近テレビのニュースで「ステルスマーケティングに注意」といった情報が流されることもあります。早い話、ヤラセの情報に満ち溢れているということです。 ヤラセではなく、スピードラーニングを実際に利用してちゃんと中立的に冷静な評価をしている口コミがあったとしても、それは「その人」がそうであったわけで別の人にそれが当てはまるとは限りません。 Aさんにとても効果があったとしてもBさんにとっては役に立たない場合もありうるのです。他人の意見はしょせん他人の意見でしかないのです。(このコラムについても然りです)。 ではいったい何の情報を信じればよいのか? これは実際に自分で試してみるのが一番です。スピードラーニングには「無料視聴版」というのがあります。これは、製品と一緒に送られてくるものです。 まず「無料視聴版」を聞いてみて、自分に合わないな、と思えば、製品版を返品すればよいのです。返品の際の送料もメーカー負担なので、財布は痛みません。 新しいことにチャレンジする場合、なんでも覗いてやろうという、フットワークの軽さが必要なのです。

1