スピードラーニング開発者に関する評価、口コミ

スピードラーニングの開発者は公式サイトによると大谷登氏です。口コミサイトを見ると開発者の学歴が高くないことを非難する書き込みがあります。「低学歴の人が作った開発した教材だからスピードラーニングは効果が無い、英語が話せるようにはならない」という主張です。 公式サイトによれば、英語の後に日本語が流れる教材を開発したのは大谷登氏ですが販売されている英文を作っているわけでは無いようです。制作責任者は専務の大谷治子氏(イギリスで言語学、アメリカで言語矯正学を学ぶ)となっています。 当然ネイティブのチェック、専門家のチェックも受けていることでしょう。 スピードラーニングの場合、英語のあとに日本語が流れるというシンプルな教材で、文法や構文の説明は殆どありません。したがって制作するのに専門家である必要も特にないように感じます。 例えば、あなたがアメリカに住んだとします。高学歴者と接しなくても英語を使う環境に身を置いて数年経てば話せるようになると思います。学歴とか資格とかさほど必要だとは思えません。アメリカ人の子供と友達になるだけである程度英会話はできるようになるはず。 逆に有名大学の教授が監修した英語に関する本はいくらでもあります。学校の英語の教科書などまさにそれです。しかしそれで効果がなかったという人もたくさんいるの…

教材選びの視点

書店に行くと必ずと言っていいほど英会話のコーナーがあります。 単語、文法、リスニングなど分類されていて、種類が多くて何を選んだら良いのか迷います。そこでインターネットの口コミで調べることになるわけです。 その口コミもスピードラーニングほどでないにせよ、業者さん達の宣伝合戦になっていますので、何を信じて良いのかわからなくなる。 以前、本選びについて専門の人からお話を伺ったことがあります。本の後ろに書いてある「第○刷版」というところを見なさい、というお話でした。良い本は読み継がれるから何度も印刷される。○の数字が大きいほうが良いということです。 つまりロングセラーであるかどうか?ということです。 息の長い英会話教材というのは沢山あります。NHKさん、「アメリカ口語教本」、アルクさんなどがそうです。新しい英会話教材が次々と生まれ、消えてゆく中で生き残っているのはいいモノだからなのでしょう。 スピードラーニングもロングセラー。いろいろな評価、評判はありますが、そういう点ではいいモノと考えても問題なさそうです。

1