英語が苦手な人には向いていないという口コミ

「スピードラーニングは文法の説明がないから英語が苦手な人には向いていない」という口コミをみかけることがあります。 確かに文法的な説明は殆どありません。関係代名詞とか仮定法などといった用語が出てくることもありません。 ですから、ここのthatは何を指しているのか?ここのwouldはなぜ必要なのか?ということはスピードラーニングのテキストをいくら読んでもわからないはずです。 そういう意味では苦手な人には向いていないという評価は正しいと思います。 しかし、それは単語や文法をしっかり学んだうえで単語を文法のルールに基づいて並べ替えると英語が完成するという英作文のやりかたです。瞬間的に英作文をできるようになれば英語を話すことができるというスタンスです。 これに対し、公式サイトの説明によればスピードラーニングは英作文的なスタンスを取っていません。ですから日本語→英語ではなく、英語→日本語という順序で音声が収録されています。 日本語を英語に置き換えていると時間もかかるし、不自然な英語になってしまう。繰り返し聞くことによって英語のフレーズを覚えてしまったほうがよい、だから敢えて文法的な説明は省いてあるということのようです。赤ちゃんは文法を意識せず言葉を覚えるといったたとえを使って説明しています。 しかし、この考え方を受…

1