文法

英語が苦手な人には向いていないという口コミ

「スピードラーニングは文法の説明がないから英語が苦手な人には向いていない」という口コミをみかけることがあります。 確かに文法的な説明は殆どありません。関係代名詞とか仮定法などといった用語が出てくることもありません。 ですから、ここのthatは何を指しているのか?ここのwouldはなぜ必要なのか?ということはスピードラーニングのテキストをいくら読んでもわからないはずです。 そういう意味では苦手な人には向いていないという評価は正しいと思います。 しかし、それは単語や文法をしっかり学んだうえで単語を文法のルールに基づいて並べ替えると英語が完成するという英作文のやりかたです。瞬間的に英作文をできるようになれば英語を話すことができるというスタンスです。 これに対し、公式サイトの説明によればスピードラーニングは英作文的なスタンスを取っていません。ですから日本語→英語ではなく、英語→日本語という順序で音声が収録されています。 日本語を英語に置き換えていると時間もかかるし、不自然な英語になってしまう。繰り返し聞くことによって英語のフレーズを覚えてしまったほうがよい、だから敢えて文法的な説明は省いてあるということのようです。赤ちゃんは文法を意識せず言葉を覚えるといったたとえを使って説明しています。 しかし、この考え方を受…

学生時代に英語が嫌いだった人こそおススメです

文法や構文の解説が少ないから英語が苦手な人はスピードラーニングは無理だ、といった内容の評価を口コミサイトで見かけることがあります。 一見、もっともな気もします。しかし、ちょっと考えてみましょう。学生時代に英語が嫌いだった人は、文法で英語が嫌いになったという人が多いのです。 口コミサイトに書かれているように英文法は確かに便利な道具です。しかし無味乾燥で楽しくないと感じる人が多いのです。知っていれば便利であるはずの文法が、英語嫌いを生み出す要因にもなってしまうのです。 英語が苦手、つまり文法嫌いな人に対してもう一度英文法をしっかり勉強しろと言っても結局続かなくてさらに英語が嫌いになってしまう可能性が高い。 そういった人、つまり学生時代に英語が嫌いだった人はスピードラーニングのように「習うより慣れろ」的な教材のほうが合っていると思います。 英語が好きになってから英文法に取り組めば、きっと吸収できるでしょうし、理解も深まるでしょう。英文法を気にせずに話せるようになれば、改めて文法をやる必要もないでしょう。 スピードラーニングとは関係のない英語学習サイトを覗いてみるとわかりますが、多読派の人のように英文法は気にしなくていいと主張する口コミも多いのです。英文法を学ぶことに関する評価も様々なのです。 いずれにせよ、無…

文法を学びたいならスピードラーニングはやめたほうがいい

「英文法の解説がないからスピードラーニングはダメだ」という評価や口コミがあります。ダメかどうかは評価が分かれるところだと思いますが、スピードラーニングに英文法の解説が少ないのは事実です。 スピードラーニングのテキストには英語と日本語訳が載っているだけで、解説はありません。ですからメーカーであるエスプリランはこれをテキストという呼び名ではなく、スクリプトと読んでいます。解説に相当するものは付録の「もっとEnglish」に書かれています。その付録にも決して細かく文法が載っているわけではありません。 したがって文法をしっかり理解しながら英文解釈を行い、そのうえで英文を暗記する、という学習のフローをとりたいひとにはスピードラーニングは向いていません。 英文法、英文解釈をやりたいのであれば、学生時代の教科書を押し入れから出してきて、もう一度受験英語をやったほうがよいでしょう。受験参考書のコーナーに行けば、そういった書籍は沢山販売されています。 そういったやり方で、英語が嫌いになってしまった。もしくは嫌いにはならなかったけれど、一向に話せるようにならなかった人のため、というのがスピードラーニングのコンセプトです。 英文法を否定するわけではありませんが、英文法、英文解釈であればすでに良書がたくさん存在しているし、多く…

スピードラーニングは文法の解説が無いからダメ、という口コミについて

スピードラーニングのスクリプトブック(テキストブック)には日本語訳は載っていますが、文法の説明はありません。 これをもって「スピードラーニングは効果なし」と否定的な評価や口コミ、評判が書きこまれることがあります。 スピードラーニングは受験勉強の英語のように単語や文法を覚えるものではありません。文法や単語の暗記を決して否定するものではありませんが、英語の学び方がそういった従来の方法とは異なるのです。 英語で挫折経験のある人の中には、「単語や文法の暗記で英語が嫌いになってしまった」という人が沢山います。文法重視の学習法については、初学者の場合、それをつまらないとか辛いと感じる方がいるのです。だから結局途中で放棄してしまう。もちろん効果も出ない。 少し乱暴ですけどダイエットに例えてみましょう。食事量を減らして、毎日しっかり運動すればやせます。効果はでます。それは確かにそうでしょう。でもそれができないから苦労するわけです。 英語も同じです。単語と文法を暗記して、例文を暗記して、英文を辞書を引きながら読んで、英作文やって・・・。 こうしたやりかたで英語を習得された方はもちろんます。立派だと思います。 でも嫌になって英語を挫折する人はもっと多いと思います。英語を沢山聞いたり、カタコトでもいいから真似して話してみて、…

1