リスニング

「聞き取れるようにしかならない」というスピードラーニングの口コミ

スピードラーニングは有名な英会話教材なので、WEB上には様々な口コミや評価があります。 その中に、「聞き取れるようにはなるかもしれないけれど、話せるようにはならない」というものがあります。 ごもっともです。英語を話すためには口に出して練習すべきであるのは、当然だと思います。 スピードラーニングで聞き流しだけしていて、一切英語を口に出さなければたぶん英語は話せないでしょう。 しかし、これをもって「なんだダメな教材じゃないか」と思うのは早計です。 「英語が聞き取れるだけ」といいますが、この「だけ」ができない日本人がいかに多いか。 この「だけ」さえあればTOEICのスコアは劇的にあがるはずです。海外旅行もずいぶん楽になります。 「英語が聞き取れる」というのは「だけ」ではなくて、ちょっとオーバーに言えば「なんと英語が聞き取れる」と言っても良いくらいです。英会話においてそれくらい「英語が聞き取れる」ということはハードルが高いし、価値のあることです。 “My name is ~”と自己紹介をするのはさほど難しくありません。英会話を習いたての子供でも事前に準備すればできます。自分のペースでゆっくり話せばよい。 しかし洋画のセリフを聞き取るのは有名大学を出た学生でも難しく感じることが多いのです。…

聞くことよりも話すことのほうが大切だ、という口コミについて

英語が聞き取れるようになりたい、というよりも英語が話せるようになりたいという人のほうがどうやら多いようです。 気持ちはわかります。そのほうがカッコいいからじゃないかと思います。例えば英語を聞き取れている人をカッコいいとはあまり思わないけど英語をペラペラ喋っているのは凄いって感じがしますから・・・。 しかし、学習法としては「聞くこと」を先にもってくるところがほとんどです。聞くことのほうが重要でしょう。海外に出かけたことである人ならわかるはずです。英語を話せる人ほど「聞くこと」の重要さを理解しています。 空港でアナウンスを聞く、ホテルのチェックインで従業員から声をかけられる、これらが聞き取れないと本当に困ります。カッコいいかどう以前に日常生活に支障が生じます。 まずは相手の言っていることを「聞き取ること」です。相手の言うことが聞き取れないのに、こちらで一方的に話しても相手は困惑するでしょう。それに、例えば相手があなたの発言にコメントをして、あなたがそれを聞き取れなかったら、もはやそれは会話として成立しません。会話は双方向的なものなのです。 「日本人は自己主張をしない」「もっと英語で積極的に発言しないといけない」・・・。言わんとすることはわかりますが、それと語学を習得するプロセスはまた別問題です。 英語を学習…

聞くだけではダメ、口に出して話す練習が必要だ、という口コミ。

聞いているだけではダメ、効果は出ない。話せるようになるためには実際に英語を口に出してみるトレーニングが必要だ、という口コミや評判があります。 これはその通りだと思います。話すには口や舌の筋肉を動かすわけですから聞いているだけではなくて実際に口を動かしてみることが必要です。「英語を口に出すトレーニング」が大切です。 安心してください。スピードラーニングには「話すためのトレーニング」もあります。会員なら無料で利用できる電話英会話サービスがあります。 聞き流す英会話教材というイメージが強いため、口コミサイトなどで評価や評判を探していると、話すためのシステムは一切ないのかと思われるかもしれませんが、話すためのサポートもしっかり組み込まれています。 では「英語を口に出す」ためにはどうしたらよいのでしょう。 まず最初にお手本となる英語を沢山聞くことが効果的です。だからこそスピードラーニングは「聞き流す」ことから始めるのです。 「最初から話す練習をすればいいじゃないか」そう思う人もいると思います。口コミサイトでそういった評価をしている人もいます。 しかし実際にやってみた人であればわかりますが、お手本の英語も聴かないでいきなり声を出してトレーニングするというのは、難しいし効果も出にくい。挫折した人も多いのではないでしょ…

TOEIC®などのテストに役に立つか?という口コミについて

スピードラーニングはTOEIC®などの試験に役に立つのか?という相談が口コミサイトなどに投稿されています。 もちろん役に立ちます。TOEIC®はリスニングテストも含まれています。スピードラーニングでリスニング力をアップすればスコアアップに結び付きます。 しかし、スピードラーニングは特定の試験向けに作られたものではありません。したがって試験に合わせて作られた専用の問題集(過去問集など)で傾向をつかんでおくことも大切です。 英検もTOEIC®もテクニックだけで何とかなるものではなく、英語力そのものを問われるテストです。スピードラーニングで日ごろから英語力アップに努めてください。 ※TOEIC®は(財)国際ビジネスコミュニケーション協会TOEIC運営委員会に帰属する登録商標です。

スピードラーニングはなぜ「英語→日本語」なのか? 「日本語→英語」のほうがよい、という口コミについて

「スピードラーニングは英語のあとに日本語が流れるがこれでは英作文ができない」「日本語→英語の順のほうが英作文ができて効果が出るはずだ」という口コミや評判があります。 日本語→英語だと聞きながら頭の中で文法を意識しながら英作文をしてしまいます。受験英語のように暗記型の学習にもどってしまいます。そしてそういったやりかたをしてきた日本人は英語が苦手です。英作文では良い点数を取れる有名大学の学生でも英会話は苦手な人が多いのです。 それに何よりも、 こうしたやり方ではリラックスして英語をたくさん聞くことができなくなってしまうのです。英会話を習得するうえで大量の英語を聴くことはとても大切です。だからスピードラーニングでは日本語を英語のあとに流しています。 それにスピードラーニングの「英語→日本語」CDは場面をイメージしながら聴くためのものです。大体意味が頭にはいったら、今度は英語のみが収録されたCDを繰り返し聞きます。日々聴くCDはこの英語のみが収録されたCDになるのです。 英作文にこだわる人は「頭の中で英作文を素早くしてそれを話す」ということをすれば英語が話せるようになると考えているのでしょう。理屈で考えると正しいように思えますし、もちろんそれも可能なのかもしれません。しかし流暢に話す人ほどそのようなことはしてい…

12