口コミ

スピードラーニングの口コミを読むことは時間の無駄かもしれません

口コミサイトは便利です。商品を選ぶ、飲食店を選ぶ、あらゆる場面で役に立ちます。 しかし、マスコミでも報じられていますが、ステマ、いわゆるヤラセの問題もありますから、注意して読むことが必要です。 スピードラーニングについても様々な口コミや評価が書き込まれていますが、それらが本物なのかヤラセなのかはなかなか判断がつきません。 ヤラセなのであれば当然意味はありませんが、それが本物であったとしても必ずしも意味があるとはいえません。 商品の性質上、英会話教材は効果の出方、感じ方に個人差があるからです。 学生時代、同じクラスで同じ教科書や問題集を使っているのにもかかわらず、成績の良い生徒と悪い生徒がいたはずです。トップの学生にしてみればきっとそれは良い教科書やよい問題集であるでしょうし、ビリの生徒からすれば悪いモノと感じたでしょう。 スピードラーニングも同じで感じ方は人それぞれです。英語が話せたと感じる人もいれば、全く効果が無かったと感じる人もいます。 自分に似たタイプの人か書いた書き込みを参考程度にするのであれば良いですが、最終的には自分で確かめてみるしかありません。 幸いスピードラーニングは無料体験ができる英会話教材です、口コミを読み漁るよりも実際に無料体験のセットを取り寄せてみて、自分で判断してみることです。…

比較サイトの裏側をお見せします

スピードラーニングを購入する前に、口コミや評判ををインターネットで調べていると比較サイトを見つけるはずです。 英語教材に限ったことではありませんが、インターネット上には非常に数多くの比較サイトがあります。 何故でしょう? ご存知の方も多いと思いますが、比較サイトを運営することで利益が得られるからです。 比較サイトで紹介されている教材をクリックすると、たいていの場合、商品を販売している会社のページに飛びますが、そこから商品を購入すると(もしくはクリックすると)、紹介料が比較サイトの運営側に支払われる仕組みになっています。 比較サイトは紹介業ビジネスなのです。(全てがそうではなく、例外もありますが、見分け方を説明していると長くなりますので省略します) ビジネスとして紹介業をするのであれば紹介料が高いほうが良いと考えるのは普通のことです。 ではどういった会社が紹介料が高いのか? もちろん例外もありますが、マスメディアを使って高い広告費を払えない(もしくは払いたくない)中小の会社であることが多いのです。 教室や講師を用意しなくてはならない英会話スクールと異なり、英会話教材販売は小資本でビジネスを始めることができます。そういった会社が多額の広告宣伝費はかけられません。ですから比較的少額で利用できる比較サイトなどの…

スピードラーニング開発者に関する評価、口コミ

スピードラーニングの開発者は公式サイトによると大谷登氏です。口コミサイトを見ると開発者の学歴が高くないことを非難する書き込みがあります。「低学歴の人が作った開発した教材だからスピードラーニングは効果が無い、英語が話せるようにはならない」という主張です。 公式サイトによれば、英語の後に日本語が流れる教材を開発したのは大谷登氏ですが販売されている英文を作っているわけでは無いようです。制作責任者は専務の大谷治子氏(イギリスで言語学、アメリカで言語矯正学を学ぶ)となっています。 当然ネイティブのチェック、専門家のチェックも受けていることでしょう。 スピードラーニングの場合、英語のあとに日本語が流れるというシンプルな教材で、文法や構文の説明は殆どありません。したがって制作するのに専門家である必要も特にないように感じます。 例えば、あなたがアメリカに住んだとします。高学歴者と接しなくても英語を使う環境に身を置いて数年経てば話せるようになると思います。学歴とか資格とかさほど必要だとは思えません。アメリカ人の子供と友達になるだけである程度英会話はできるようになるはず。 逆に有名大学の教授が監修した英語に関する本はいくらでもあります。学校の英語の教科書などまさにそれです。しかしそれで効果がなかったという人もたくさんいるの…

ネットの口コミなんてあてにならない?

スピードラーニングに限らず、様々な商品についてインターネット上で評価がされています。最近テレビのニュースで「ステルスマーケティングに注意」といった情報が流されることもあります。早い話、ヤラセの情報に満ち溢れているということです。 ヤラセではなく、スピードラーニングを実際に利用してちゃんと中立的に冷静な評価をしている口コミがあったとしても、それは「その人」がそうであったわけで別の人にそれが当てはまるとは限りません。 Aさんにとても効果があったとしてもBさんにとっては役に立たない場合もありうるのです。他人の意見はしょせん他人の意見でしかないのです。(このコラムについても然りです)。 ではいったい何の情報を信じればよいのか? これは実際に自分で試してみるのが一番です。スピードラーニングには「無料視聴版」というのがあります。これは、製品と一緒に送られてくるものです。 まず「無料視聴版」を聞いてみて、自分に合わないな、と思えば、製品版を返品すればよいのです。返品の際の送料もメーカー負担なので、財布は痛みません。 新しいことにチャレンジする場合、なんでも覗いてやろうという、フットワークの軽さが必要なのです。

無料で試してみるのが一番確実です

スピードラーニングは本当の口コミが知りたい!こう思う人々は沢山いらっしゃると思います。今このサイトをご覧になってるアナタもきっとそうでしょう。 スピードラーニングの口コミを調べている人達、つまり英会話教材を探している人々にむけて、スピードラーニングは詐欺だと書き込んで、もっと良い商品があります!と宣伝する業者さんが沢山いることは何回か書きました。 そういったカキコミではなく、ちゃんと自分で利用して感想を書いていらっしゃる人々もいます。 でもそういった実際の利用者の人々の間でも、スピードラーニングの評価は分かれています。よく考えてみれば当然のことかも知れません。 英会話をマスターしようとする動機の強さ、その人の環境、現在の英語力、教材の利用方法・・。それぞれ皆さん異なります。ですから合う合わないってきっとあります。 誰でも継続できて絶対に効果があるという教材はないと思います。ですから、他人の口コミだけで決めるのには無理があります。 では、どうするか? 無料試聴版を取り寄せて、実際に自分で試してみるのがベストです。ただし公式サイトでスピードラーニングの無料試聴版を取り寄せると、有料の製品も一緒に送られてきます。ですから有料の方は開封しないでおいて、まず無料試聴覚だけを聞くようにしましょう。試聴期間は10日間…

12