学校

スピードラーニングは学校教育に導入されないのか?

「そんなにスピードラーニングがで英語が話せるようになるならば学校教育に導入されているはずだ」導入されていないのは効果がないからだ、という口コミがあります。 公式ホームページを見ると一部の学校には導入されているようです。しかし、数も少ないようです。 たとえ効果があったとしても、少なくとも中学高校に本格的に導入されることはないでしょう。 中学高校で学ぶのは英語だけではありません。他の教科もあります。限られた時間の中でカリキュラムが組まれ、授業が行われます。 そしてそのカリキュラムは文部省の指示のもと様々な項目が与えられています。それをこなさないといけないわけです。それを踏まえて作られているのが検定教科書です。 したがってスピードラーニングに限らず、評判がよいものであったとしても市販の英会話教材が入る隙間は殆ど無いはずです。 せいぜい休職や休み時間に流すということがせいぜいでしょう。 それに英語教育に力を入れている学校はたいていの場合、進学校であり、大学の合格実績を求められています。英語が話せるかどうかより、有名大学に受かるかどうかが大切です。 そして大学受験の英語はリスニングが導入されるようになってきましたが、配点はまだ読み書きのほうが高いのが現状です。 文部省が使える英語と唱えたところで、大学受験の英語(…

中学、高校の教科書で十分。わざわざ高いお金を払って教材を買う必要はない。という口コミについて

「どんな教材でもしっかりやれば効果はある。学校の教科書や書店で売っている安い参考書を繰り返し勉強すれば効果はある。わざわざお金を払って教材を買わなくても良い。」という口コミを見ることがあります。 間違いではありません。特に中学の教科書は良いと思います。「学校の英語の勉強をもう一度しっかりやりなおそう」ということなのでしょう。正論だと思います。 しかし、これは大変な根気を必要とします。挫折してしまう人が多いのです。どんなに良い学習法でも続けられないものであれば、効果はでないからその人にとっては意味がない。 続けられる方法がよいのです。できるだけ労力を減らして、聞き流すことから始めるのがスピードラーニングです。簡単です。だから続けられるのです。 まずは簡単にできる「聞き流し」から初めて、英語が好きになる。聞く時間が増える。こうして続けているうちにフレーズや単語も自然と身についてくる。 だからスピードラーニングをお勧めしているのです。 こうして英語が好きになってから、学生時代の教科書をもう一度読んでみるのも良いかもしれませんね。

中学高校の英語の勉強に役に立つか?という口コミについて

リスニングに関しては効果あります。 そもそも受験英語とかビジネス英語という言語があるわけではなく、多少の違いはあれど英語は英語なのです。 最近は学校の英語もリスニングには力をいれています。大学入試においてもリスニングは導入されています。スピードラーニングで普段から英語を聴く習慣をつけておけば入試本番でも大きな効果がが見込めるでしょう。 しかし、中間テスト期末テストなど学校のテストで良い点をとろうと思ったら出題範囲に合わせること、学校の教科書やプリントをしっかりやることがまずは大切です。そのうえでのスピードラーニングです。 スピードラーニングには小中学生向けに「スピードラーニング・ジュニア」もあります。上手に活用してください。 ただし、学校英語の中でもリーディングや文法の勉強に役立つかというと、効果が無いとはいいませんが、それ専用に作られたもののほうが効果的だと思います。 スピードラーニングは会話文で構成されているので、大学受験の英語のリーディングの問題に出てくるような難しい単語や複雑な構文は出てきません。 口コミや評価、評判を調べるときの参考にしてください。

1