文法を学びたいならスピードラーニングはやめたほうがいい

「英文法の解説がないからスピードラーニングはダメだ」という評価や口コミがあります。ダメかどうかは評価が分かれるところだと思いますが、スピードラーニングに英文法の解説が少ないのは事実です。

スピードラーニングのテキストには英語と日本語訳が載っているだけで、解説はありません。ですからメーカーであるエスプリランはこれをテキストという呼び名ではなく、スクリプトと読んでいます。解説に相当するものは付録の「もっとEnglish」に書かれています。その付録にも決して細かく文法が載っているわけではありません。

したがって文法をしっかり理解しながら英文解釈を行い、そのうえで英文を暗記する、という学習のフローをとりたいひとにはスピードラーニングは向いていません。

英文法、英文解釈をやりたいのであれば、学生時代の教科書を押し入れから出してきて、もう一度受験英語をやったほうがよいでしょう。受験参考書のコーナーに行けば、そういった書籍は沢山販売されています。

そういったやり方で、英語が嫌いになってしまった。もしくは嫌いにはならなかったけれど、一向に話せるようにならなかった人のため、というのがスピードラーニングのコンセプトです。

英文法を否定するわけではありませんが、英文法、英文解釈であればすでに良書がたくさん存在しているし、多くの人が実際に通過してきた道ですので改めてスピードラーニングがそれを行う必要はないという考え方です