学生時代に英語が嫌いだった人こそおススメです

文法や構文の解説が少ないから英語が苦手な人はスピードラーニングは無理だ、といった内容の評価を口コミサイトで見かけることがあります。

一見、もっともな気もします。しかし、ちょっと考えてみましょう。学生時代に英語が嫌いだった人は、文法で英語が嫌いになったという人が多いのです。

口コミサイトに書かれているように英文法は確かに便利な道具です。しかし無味乾燥で楽しくないと感じる人が多いのです。知っていれば便利であるはずの文法が、英語嫌いを生み出す要因にもなってしまうのです。

英語が苦手、つまり文法嫌いな人に対してもう一度英文法をしっかり勉強しろと言っても結局続かなくてさらに英語が嫌いになってしまう可能性が高い。

そういった人、つまり学生時代に英語が嫌いだった人はスピードラーニングのように「習うより慣れろ」的な教材のほうが合っていると思います。

英語が好きになってから英文法に取り組めば、きっと吸収できるでしょうし、理解も深まるでしょう。英文法を気にせずに話せるようになれば、改めて文法をやる必要もないでしょう。

スピードラーニングとは関係のない英語学習サイトを覗いてみるとわかりますが、多読派の人のように英文法は気にしなくていいと主張する口コミも多いのです。英文法を学ぶことに関する評価も様々なのです。

いずれにせよ、無料の試聴版を取り寄せて、自分の耳で確かめてみるのが一番です。口コミサイトの評価というのはあくまでも他人の評価であって合う合わないは人それぞれなのですから。