スピードラーニングと留学

「スピードラーニングは英会話習得に効果的か?」という議論がインターネットの口コミサイトなどで行われる場合、留学や英会話スクールと比較される場合があります。

スピードラーニングと留学とどちらが有効なのでしょうか?

インターネットなどで評判を調べるまでもなく、普通に考えれば留学でしょう。TVに登場する英語が堪能な有名人は海外生活をしていた人が多いのを見てもわかると思います。

英会話を習得したいと考えていて、お金や時間に余裕があれば英語圏で生活するのがいいですね。

否応なく英語漬けになるわけですから。

海外生活の一番のメリットはこの英語漬けになることです。文法などを学ばなくても、英語漬けの日常生活を行っていれば英語は自然と身につきます。

スピードラーニングもこのような考え方、つまり「英語を聞き流していればリスニング能力が上がり、スピーキングもやがてできるようになる」ということで聞き流し教材を販売しているのだと思います。

しかし、留学などの海外生活と異なるのは、英語と接する時間です。スピードラーニングでは「1回5分から始める」と謳っていますが、これでは24時間英語漬けの海外生活組にはとうてい及びません。

最初は1回5分であったとしても、回数も時間も増やす必要があるのは当然でしょう。

これは個々人の努力にかかっています。

スピードラーニングの商品説明ページでは「英語がどんどん好きになる」「時間は自然と増える」といったようなことが書いてありますが、本当でしょうか。

感じ方は個人差がありますので、当てはまる人もいるでしょうが、実際に自分でやってみて、英語が好きにならない、もしくは聞く時間が全然増えないのであれば、効果は期待できないかもしれませんね。