「聞き流すだけでは話せない」という口コミについて

「聞き流すだけでは話せない」という口コミについて

スピードラーニングの広告を見ていると「聞き流すだけ」という表記が出てきます。これに対して様々なカキコミがされています。

その多くは「聞き流すだけで英語が話せるようになるわけがない」といったものです。「こういった甘い言葉で商品を売りつけるのはインチキだ」という評価もあります。

確かに聞き流すだけで英語は話せないと思います。

しかし、この議論はあまり意味がないようです。というのもスピードラーニングは聞き流すだけの英会話教材ではないからです。

スピードラーニングの公式サイトの中身をよく読んでみるとわかりますが、「最初は聞き流すだけ」から始めて、英語を聴くことに慣れてきたら口から英語を出す練習を推奨しています。実際スピードラーニングには無料の電話英会話レッスンが付属していて、希望者は外国人やバイリンガルとマンツーマンで英会話を行います。また、各地で英語交流イベントを行い、英語を話す機会も設けています。

では、なぜ「最初は聞き流すだけ」なのか?

 

公式サイトには説明がありますが、要約すると「英語を聴く習慣をつけることを第一とする」「聴く→話す→読む→書く、という流れが言語を習得する自然な流れである」ということだそうです。

したがって「聞き流すだけ」という表現を取り上げて、スピードラーニングでは英語が話せるようにならないと決めつけるのには無理があります。

スピードラーニングの評判を調べる時の参考にしてください。