「洋楽を聴いていても英語は話せるようにならなかった。だから聞き流しでは英語は話せない」だから聞き流すだけでは効果がない!という口コミについて。

「洋楽を聴いていても英語は話せるようにならなかった。だから聞き流しでは英語は話せない」だから聞き流すだけでは効果がない!という口コミについて。

スピードラーニングに関する情報をインターネットで集めていると「英語の歌を聴いていたけど英語は話せるようにならなかった、だからスピードラーニングの聞き流しでは英語は話せるようにならない!」という書き込みをみかけます。

昔は「FEN(英語のラジオ放送)を聴くのがリスニングに効果的」ということが言われていて、実践した人もいると思います。実は私もやったことがあります。

しかし、効果はありませんでした。正確に言うと続きませんでした。何故か?

苦痛だからです。なぜ苦痛なのか?意味がわからないからです。雑音でしかありませんので頭は他ごとを考え始めてしまいます。

字幕付きの洋画にチャレンジしたこともありますが、映画を見るようなまとまった時間もなかなか取れないので長続きしませんでした。

同じような経験をした人も多いと思いますので、聞き流しは効果がないという評価したくなるのはわかります。

しかし、スピードラーニングはこれらの学習法とは異なります。英語が流れた後日本語が流れます。ですから内容を理解しながら英語を聴くことができるのです。場面を頭に浮かべながら聴くので苦痛もはるかに少ないのです。

とはいえ英語と日本語が混ざった英語を聴いていても日本語が邪魔をして頭の中に英語の回路ができにくいという問題点はあります。この点については意味が頭に入ったら今度は日本語を抜いた英語のみのCDを聞かせる仕組みになっているので大丈夫です。

これらをもってスピードラーニングが効果があるというつもりはありませんが、冒頭のスピードラーニングに対する批判は上記に述べた点において的外れであると思います。