スピードラーニングはなぜ「英語→日本語」なのか? 「日本語→英語」のほうがよい、という口コミについて

「スピードラーニングは英語のあとに日本語が流れるがこれでは英作文ができない」「日本語→英語の順のほうが英作文ができて効果が出るはずだ」という口コミや評判があります。

日本語→英語だと聞きながら頭の中で文法を意識しながら英作文をしてしまいます。受験英語のように暗記型の学習にもどってしまいます。そしてそういったやりかたをしてきた日本人は英語が苦手です。英作文では良い点数を取れる有名大学の学生でも英会話は苦手な人が多いのです。

それに何よりも、 こうしたやり方ではリラックスして英語をたくさん聞くことができなくなってしまうのです。英会話を習得するうえで大量の英語を聴くことはとても大切です。だからスピードラーニングでは日本語を英語のあとに流しています。

それにスピードラーニングの「英語→日本語」CDは場面をイメージしながら聴くためのものです。大体意味が頭にはいったら、今度は英語のみが収録されたCDを繰り返し聞きます。日々聴くCDはこの英語のみが収録されたCDになるのです。

英作文にこだわる人は「頭の中で英作文を素早くしてそれを話す」ということをすれば英語が話せるようになると考えているのでしょう。理屈で考えると正しいように思えますし、もちろんそれも可能なのかもしれません。しかし流暢に話す人ほどそのようなことはしていません。日本語を英語に置き換えるという時間のかかる作業はしていません。英作文と英会話は別物だと考えたほうがよさそうです。

基本的な英文を丸ごとそのまま覚えることは良いことだと思います。しかしそれは繰り返し英文を聞く事によって自然と頭に入ってきます。スピードラーニングは最初から無理に暗記しようとしなくても大丈夫です。

どうしても英作文がしたい!という人は受験参考書のコーナーにいくと、専用の問題集や参考書がたくさんあります。受験英語には効果があり、口コミ、評価、評判が高いものもあります。そこから選んだほうが良いと思います。