聞くだけではダメ、口に出して話す練習が必要だ、という口コミ。

聞いているだけではダメ、効果は出ない。話せるようになるためには実際に英語を口に出してみるトレーニングが必要だ、という口コミや評判があります。

これはその通りだと思います。話すには口や舌の筋肉を動かすわけですから聞いているだけではなくて実際に口を動かしてみることが必要です。「英語を口に出すトレーニング」が大切です。

安心してください。スピードラーニングには「話すためのトレーニング」もあります。会員なら無料で利用できる電話英会話サービスがあります。

聞き流す英会話教材というイメージが強いため、口コミサイトなどで評価や評判を探していると、話すためのシステムは一切ないのかと思われるかもしれませんが、話すためのサポートもしっかり組み込まれています。

では「英語を口に出す」ためにはどうしたらよいのでしょう。

まず最初にお手本となる英語を沢山聞くことが効果的です。だからこそスピードラーニングは「聞き流す」ことから始めるのです。

「最初から話す練習をすればいいじゃないか」そう思う人もいると思います。口コミサイトでそういった評価をしている人もいます。

しかし実際にやってみた人であればわかりますが、お手本の英語も聴かないでいきなり声を出してトレーニングするというのは、難しいし効果も出にくい。挫折した人も多いのではないでしょうか?

発音やリズムに慣れていないうちに声を出しても上手くいかないものです。自分のヘタクソさに嫌気がさしてしまう。効果も出にくい。話せるようになるためには、大量の英語を聴いて英語の音やリズムに慣れることが大切なのです。話せる人はそれ以前に沢山の英語を聞いているのです。インプットなくしてアウトプットはありません。

ですからスピードラーニングはまず「聞くこと」から入ります。英語の音やリズムに慣れて、英語がどんどん好きになります。そうすると英語を口ずさみたくなります。単語や短いフレーズをつぶやき始めるのです。

ここがチャンスです。口に出してみてください。無理して話すのと、話したくなって話すのでは上達のスピードが違います。どんどん口に出してみましょう。効果てきめんです。

先に書いたように、スピードラーニングには英語を話すためのサポートがあります。無料で外国人やバイリンガルと電話で英会話が楽しめるフリートークです。フリーダイヤルですから電話代もかかりません。無料です。大人気のサービスだそうです。聞き流しの効果倍増です。活用されてみてはいかがでしょうか。

スピードラーニングは「聞き流す」ことから始めますが「口に出して話す」ことも大切にしています。話すために「聞き流す」のです。

口コミサイトなどで評価や評判を調べるときの参考にしてください。