「聞き取れるようにしかならない」というスピードラーニングの口コミ

スピードラーニングは有名な英会話教材なので、WEB上には様々な口コミや評価があります。

その中に、「聞き取れるようにはなるかもしれないけれど、話せるようにはならない」というものがあります。

ごもっともです。英語を話すためには口に出して練習すべきであるのは、当然だと思います。

スピードラーニングで聞き流しだけしていて、一切英語を口に出さなければたぶん英語は話せないでしょう。

しかし、これをもって「なんだダメな教材じゃないか」と思うのは早計です。

「英語が聞き取れるだけ」といいますが、この「だけ」ができない日本人がいかに多いか。

この「だけ」さえあればTOEICのスコアは劇的にあがるはずです。海外旅行もずいぶん楽になります。

「英語が聞き取れる」というのは「だけ」ではなくて、ちょっとオーバーに言えば「なんと英語が聞き取れる」と言っても良いくらいです。英会話においてそれくらい「英語が聞き取れる」ということはハードルが高いし、価値のあることです。

“My name is ~”と自己紹介をするのはさほど難しくありません。英会話を習いたての子供でも事前に準備すればできます。自分のペースでゆっくり話せばよい。

しかし洋画のセリフを聞き取るのは有名大学を出た学生でも難しく感じることが多いのです。話すスピードだってこちらに合わせてくれません。すぐについていけなくなってしまいます。

「英語が聞き取れる」というのと「英語が話せる」というのでは「話せる」ほうが断然カッコいいです。しかし英語を流暢に話す人は、同時に英語が聞き取れる人です。話せるようになるためにリスニングの練習をたくさん積んだはずです。

リスニングの練習なしに英語が話せるようになった人は殆どいないのではないでしょうか?

スピードラーニングに対する「聞き取れるようになるだけ」という口コミが本当なのであれば、ぜひやってみるべきでしょうね。