スピードラーニングの広告に出てくる有名人

英会話教材も大手になってくると有名人を広告に起用します。テレビCMなどは特にそうです。

スピードラーニングでも現在ではゴルフ選手、サッカーチームを起用しています。かつては女優やアナウンサー、レーシングドライバーも起用していました。

その起用された有名人の英語力について、否定的な評価をする口コミを見かけることがあります。英語がヘタだ、発音が酷い、などといったカキコミです。

スピードラーニングの場合「○○さん(有名人)も英会話はじめました」という趣旨の広告が多いですから、まだ上手でない場合があっても、それはこれから英語を始めるわけであって仕方がないことです。

にもかかわらず、執拗に否定的な内容を書いている書き込みをみると、たいていの場合、他社の英会話教材を紹介しています。これなどは本サイトの最初に説明した業者さんの仕業かと思われます。

それ以外にもインターネット特有の悪ふざけのカキコミもあるようです。

英会話教材を1年や2年やったところで、いきなりペラペラになったり、ネイティブなみの発音になったりすることはない、と考えるべきです。

電車の英語のアナウンスが聞き取れるなど、リスニング力向上の実感が最初にあり、次に空港の税関で話した英語が通じるなどスピーキング力の上達という段階を経るのが普通でしょう。

長年の実績があり評判の良い英会話教材や英会話学校でもそのような説明をしているはずです。