スピードラーニングの口コミや評価・比較に騙されないで!

スピードラーニングは文法の解説が無いからダメ、という口コミについて

スピードラーニングのスクリプトブック(テキストブック)には日本語訳は載っていますが、文法の説明はありません。 これをもって「スピードラーニングは効果なし」と否定的な評価や口コミ、評判が書きこまれることがあります。 スピードラーニングは受験勉強の英語のように単語や文法を覚えるものではありません。文法や単語の暗記を決して否定するものではありませんが、英語の学び方がそういった従来の方法とは異なるのです。 英語で挫折経験のある人の中には、「単語や文法の暗記で英語が嫌いになってしまった」という人が沢山います。文法重視の学習法については、初学者の場合、それをつまらないとか辛いと感じる方がいるのです。だから結局途中で放棄してしまう。もちろん効果も出ない。 少し乱暴ですけどダイエットに例えてみましょう。食事量を減らして、毎日しっかり運動すればやせます。効果はでます。それは確かにそうでしょう。でもそれができないから苦労するわけです。 英語も同じです。単語と文法を暗記して、例文を暗記して、英文を辞書を引きながら読んで、英作文やって・・・。 こうしたやりかたで英語を習得された方はもちろんます。立派だと思います。 でも嫌になって英語を挫折する人はもっと多いと思います。英語を沢山聞いたり、カタコトでもいいから真似して話してみて、…

中学高校の英語の勉強に役に立つか?という口コミについて

リスニングに関しては効果あります。 そもそも受験英語とかビジネス英語という言語があるわけではなく、多少の違いはあれど英語は英語なのです。 最近は学校の英語もリスニングには力をいれています。大学入試においてもリスニングは導入されています。スピードラーニングで普段から英語を聴く習慣をつけておけば入試本番でも大きな効果がが見込めるでしょう。 しかし、中間テスト期末テストなど学校のテストで良い点をとろうと思ったら出題範囲に合わせること、学校の教科書やプリントをしっかりやることがまずは大切です。そのうえでのスピードラーニングです。 スピードラーニングには小中学生向けに「スピードラーニング・ジュニア」もあります。上手に活用してください。 ただし、学校英語の中でもリーディングや文法の勉強に役立つかというと、効果が無いとはいいませんが、それ専用に作られたもののほうが効果的だと思います。 スピードラーニングは会話文で構成されているので、大学受験の英語のリーディングの問題に出てくるような難しい単語や複雑な構文は出てきません。 口コミや評価、評判を調べるときの参考にしてください。

TOEIC®などのテストに役に立つか?という口コミについて

スピードラーニングはTOEIC®などの試験に役に立つのか?という相談が口コミサイトなどに投稿されています。 もちろん役に立ちます。TOEIC®はリスニングテストも含まれています。スピードラーニングでリスニング力をアップすればスコアアップに結び付きます。 しかし、スピードラーニングは特定の試験向けに作られたものではありません。したがって試験に合わせて作られた専用の問題集(過去問集など)で傾向をつかんでおくことも大切です。 英検もTOEIC®もテクニックだけで何とかなるものではなく、英語力そのものを問われるテストです。スピードラーニングで日ごろから英語力アップに努めてください。 ※TOEIC®は(財)国際ビジネスコミュニケーション協会TOEIC運営委員会に帰属する登録商標です。

比較サイトでのスピードラーニングの評価について

英会話教材に関する比較サイトが数多く存在します。 もちろんしっかりした比較サイトもあるかと思いますが中には首をかしげたくなるようないい加減なサイトも多いので注意してください。 スピードラーニングは比較サイトにたくさん書かれています。知名度が高い教材なので比較対象として取り上げ易いのでしょう。 たいていの場合、まずスピードラーニングの悪口がいろいろと書かれています。次にスピードラーニングより良いという○○教材が紹介してあって「今申し込むと特別プレゼントがあります」と○○教材の申し込みを促しています。 インターネットビジネスの世界では、比較サイトを作り、中立な第三者を装って自社(もしくは提携先)の商品をおススメ商品として宣伝するというやり方があります。 これは禁止されているやり方なのですが、まだまだ後を絶ちません。評価の根拠もあいまいで、デタラメである場合が多いのです。 そういったサイトで紹介されている商品は「返金保証」と書いておきながら返金に応じてもらえなかったり、短期間で会社が無くなってしまうようなトラブルも多いようです。 もちろん教材を選ぶ際に様々な情報を集め、判断の材料にすることは大切なことだと思います。しかしインターネット上には残念ながらいい加減な情報も多いので、判断の際にはご注意ください。 &n…

スピードラーニングはなぜ「英語→日本語」なのか? 「日本語→英語」のほうがよい、という口コミについて

「スピードラーニングは英語のあとに日本語が流れるがこれでは英作文ができない」「日本語→英語の順のほうが英作文ができて効果が出るはずだ」という口コミや評判があります。 日本語→英語だと聞きながら頭の中で文法を意識しながら英作文をしてしまいます。受験英語のように暗記型の学習にもどってしまいます。そしてそういったやりかたをしてきた日本人は英語が苦手です。英作文では良い点数を取れる有名大学の学生でも英会話は苦手な人が多いのです。 それに何よりも、 こうしたやり方ではリラックスして英語をたくさん聞くことができなくなってしまうのです。英会話を習得するうえで大量の英語を聴くことはとても大切です。だからスピードラーニングでは日本語を英語のあとに流しています。 それにスピードラーニングの「英語→日本語」CDは場面をイメージしながら聴くためのものです。大体意味が頭にはいったら、今度は英語のみが収録されたCDを繰り返し聞きます。日々聴くCDはこの英語のみが収録されたCDになるのです。 英作文にこだわる人は「頭の中で英作文を素早くしてそれを話す」ということをすれば英語が話せるようになると考えているのでしょう。理屈で考えると正しいように思えますし、もちろんそれも可能なのかもしれません。しかし流暢に話す人ほどそのようなことはしてい…