留学

スピードラーニングと留学

「スピードラーニングは英会話習得に効果的か?」という議論がインターネットの口コミサイトなどで行われる場合、留学や英会話スクールと比較される場合があります。 スピードラーニングと留学とどちらが有効なのでしょうか? インターネットなどで評判を調べるまでもなく、普通に考えれば留学でしょう。TVに登場する英語が堪能な有名人は海外生活をしていた人が多いのを見てもわかると思います。 英会話を習得したいと考えていて、お金や時間に余裕があれば英語圏で生活するのがいいですね。 否応なく英語漬けになるわけですから。 海外生活の一番のメリットはこの英語漬けになることです。文法などを学ばなくても、英語漬けの日常生活を行っていれば英語は自然と身につきます。 スピードラーニングもこのような考え方、つまり「英語を聞き流していればリスニング能力が上がり、スピーキングもやがてできるようになる」ということで聞き流し教材を販売しているのだと思います。 しかし、留学などの海外生活と異なるのは、英語と接する時間です。スピードラーニングでは「1回5分から始める」と謳っていますが、これでは24時間英語漬けの海外生活組にはとうてい及びません。 最初は1回5分であったとしても、回数も時間も増やす必要があるのは当然でしょう。 これは個々人の努力にかかって…

留学は確かに効果的だけど・・・

スピードラーニングに対する口コミを読んでいると、「英語が話せるようになるためには実際に使わなければダメ。だから留学するのが一番。」といった趣旨のものがあります。 確かに留学は効果的だと思います。英語だらけの環境に身を置くわけですから当然です。 しかし、そういった余裕が無い人も沢山います。働きながらとか子育てしながらとか、忙しいのだけれども英会話を身につけたいという人たちです。 そういった人たちにスピードラーニングは支持されているのだと思います。 実現が難しい環境を追い求めても仕方ありません。与えられた環境でベストをつくす。素晴らしいことだと思います。

1