口コミサイト

スピードラーニングは学校教育に導入されないのか?

「そんなにスピードラーニングがで英語が話せるようになるならば学校教育に導入されているはずだ」導入されていないのは効果がないからだ、という口コミがあります。 公式ホームページを見ると一部の学校には導入されているようです。しかし、数も少ないようです。 たとえ効果があったとしても、少なくとも中学高校に本格的に導入されることはないでしょう。 中学高校で学ぶのは英語だけではありません。他の教科もあります。限られた時間の中でカリキュラムが組まれ、授業が行われます。 そしてそのカリキュラムは文部省の指示のもと様々な項目が与えられています。それをこなさないといけないわけです。それを踏まえて作られているのが検定教科書です。 したがってスピードラーニングに限らず、評判がよいものであったとしても市販の英会話教材が入る隙間は殆ど無いはずです。 せいぜい休職や休み時間に流すということがせいぜいでしょう。 それに英語教育に力を入れている学校はたいていの場合、進学校であり、大学の合格実績を求められています。英語が話せるかどうかより、有名大学に受かるかどうかが大切です。 そして大学受験の英語はリスニングが導入されるようになってきましたが、配点はまだ読み書きのほうが高いのが現状です。 文部省が使える英語と唱えたところで、大学受験の英語(…

「1日5分から」では英語は話せない!という口コミ

スピードラーニングに関する口コミサイトなどで「1日5分で英語が話せるようになるわけがない!」というカキコミがされています。「インチキだ!」「効果が出るはずがない」という評価をされています。 ズバリ、1日5分では話せるようになりません。しかし、スピードラーニングはそもそも1日5分の教材ではありません。公式サイトをよく読んでみるとわかります。 「最初は1回5分からでもOK」ということです。何故か?英語が苦手な人に毎日3時間勉強しろと言っても3日坊主になるのは目に見えているからです。 無理なく初めて、最初は英語の音やリズムに慣れてもらうのです。そうすると、だんだん英語を聞くことが心地よくなってくる。そしたら無理なく聞く分量を増やしてゆくのです。「スピードラーニングで話せるようになった」という人の体験談を読んでみると、最終的には1日数時間聞いていたと書いてあります。 口コミサイトなどで、スピードラーニングを声高に批判しながら正論をいう人がいます。英語をマスターするためには英単語を7000語覚えて、文法の問題集仕上げて、ニュースはCNNを見て、毎日音読して・・・・。確かにすばらしいことです。でも、それができれば苦労しません。 ダイエットに苦しんでいる人に、「摂取カロリーを減らし毎日ジョギングと筋トレして、ストレス…

1