スピードラーニングだけでは不十分?

スピードラーニングだけでは不十分?

スピードラーニングの評判を調べるためにネットで検索していると「スピードラーニングは効果はあるけれども、これだけでは不十分だ」という口コミを見かけることがあります。 何もって十分不十分にするかは人それぞれです。海外旅行で通じる英会話というレベルであれば十分かもしれませんが、英語で高度な仕事をするのであればきっと不十分でしょう。 例えば日本語を殆ど話せない外国人から「日本の有名企業で日本語を使って仕事をしたいのだが、そのレベルまで学べる日本語教材があったら教えてほしい」と言われたら、「そんなものはありません」と皆さんも答えるのではないでしょうか? スピードラーニングは海外旅行でとりあえず困らないレベルの英語を身につけるための英会話教材だと考えたほうがよいと思います。(それだけでも十分な気はしますが…。) それ以上のレベルを求めるのであれば、リーディング、ライティング、スピーキングなど更なるトレーニングを積む必要があります。 しかし、物事を習得するにはステップアップの過程があります。 大リーグで活躍している野球選手だって最初はキャッチボールから始めたはずです。そういった基礎的なトレーニングが習慣化して、毎日素振りをするうちに野球が楽しくなってきて、自主的に様々なメニューを加えてプロのレベルになるわけです。 英…

スピードラーニングの値段(価格)

スピードラーニングの値段(価格)

スピードラーニング英語 CD版の値段は月々5,100円(送料込・税別)で嫌になったらいつでも退会できます。 購入のシステムは次のようになります。 スピードラーニングの価格・内容 スピードラーニング初回セットの価格 9,400円 送料無料・税別 初回セット内容 ●無料の試聴用CD ●教材各巻(各巻ともCD3枚組) ・ガイドCD ・聞き流しCD ・口慣らしCD ・スクリプトブック(ストーリーの台本) 2ヵ月目以降の価格 5,100円 送料込・税別 2ヵ月目以降セット内容 毎月1巻ずつ新しい教材をお届け ●教材 第3巻~毎月1巻ずつ(各巻ともCD3枚組) ・ガイドCD ・聞き流しCD ・口慣らしCD ・スクリプトブック 聞き流し・口慣らし(英語/日本語) ※全48巻 ※上記、スピードラーニング公式サイトより抜粋させていただきました。 まずは無料でお試しの初回セットを取り寄せます。この際に注意しないといけないのは、無料サンプルCDと一緒に実際の有料教材も送られてくるということです。 手元に届いたら同封されている無料サンプルCDを10日間試してみて、購入するかどうかを判断します。 購入しないのであれば実際の有料教材を返品するわけですが、その場合の返送料も販売元が負担します。商品到着後、10日以内に返品手続きをすれ…

そんな簡単に英語ペラペラになるわけがない

そんな簡単に英語ペラペラになるわけがない

スピードラーニングの評判をネットで調べていると、「ろくな勉強もせずに簡単に英語がペラペラになるわけがない。 そういう広告を出している教材はインチキに決まっている。効果は無い。騙されてはいけない」といった内容のカキコミが良く見られます。 そのとおり、英語はそんなに甘くないと思います。 「1週間で英語がペラペラになりました」と言う人に私は出会ったことがありませんし、皆さんもそうだと思います。 出会えるのは唯一インターネット広告の体験談でだけ。 まぁ、それを真に受けて英会話教材を購入する人も少ないとは思いますが、巷ではそういうサイトが氾濫しています。 しかしスピードラーニングは「1週間でペラペラ」とか「3ヶ月で話せる」とは広告していません。 つまりそんなに短期間で英会話がマスターできるとは言っていないのです。 その証拠にスピードラーニングは48巻まであります。いつでも途中で辞めることができますが、毎月1巻とすれば4年です。 今はどうか知りませんが、「効果に個人差はあります」としたうえで「3ヶ月で英語の音に慣れる」とか「1年で英語が口から出てくる」といった内容で広告をしているのを何度も見たことがあります。 これ(3ヶ月、1年)でも「そんな短い期間で効果が出るのかな?」という気はしますが、まぁ商売ですので「4年で…

洋楽を聴いていても英語は話せるようにならなかった。

洋楽を聴いていても英語は話せるようにならなかった。

スピードラーニングに関する情報をインターネットで集めていると「英語の歌を聴いていたけど英語は話せるようにならなかった、だからスピードラーニングの聞き流しでは英語は話せるようにならない!」という書き込みをみかけます。 昔は「FEN(英語のラジオ放送)を聴くのがリスニングに効果的」ということが言われていて、実践した人もいると思います。実は私もやったことがあります。 しかし、効果はありませんでした。正確に言うと続きませんでした。何故か? 苦痛だからです。なぜ苦痛なのか? 意味がわからないからです。雑音でしかありませんので頭は他ごとを考え始めてしまいます。 字幕付きの洋画にチャレンジしたこともありますが、映画を見るようなまとまった時間もなかなか取れないので長続きしませんでした。 同じような経験をした人も多いと思いますので、聞き流しは効果がないという評価したくなるのはわかります。 しかし、スピードラーニングはこれらの学習法とは異なります。 英語が流れた後、日本語が流れます。ですから内容を理解しながら英語を聴くことができるのです。場面を頭に浮かべながら聴くので苦痛もはるかに少ないのです。 とはいえ英語と日本語が混ざった英語を聴いていても日本語が邪魔をして頭の中に英語の回路ができにくいという問題点はあります。 この点…

聞き流すだけでは話せない

聞き流すだけでは話せない

スピードラーニングの広告を見ていると「聞き流すだけ」という表記が出てきます。これに対して様々なカキコミがされています。 その多くは「聞き流すだけで英語が話せるようになるわけがない」といったものです。「こういった甘い言葉で商品を売りつけるのはインチキだ」という評価もあります。 確かに聞き流すだけで英語は話せないと思います。